トレーニングジムにおける男子体操シャツについて

体操服と聞くと、学校の体育で着る服を思い浮かべますね。 しかしその広義では、トレーニングなどにおける服装全般を示しているのです。 体操シャツとは、そのトップスの事を指します。 では、トレーニングジムでの体操シャツについて見ていきましょう。

男子体操シャツ

文字通り、男子の着る体操シャツです。 体操シャツとは前述の通り、トレーニングなどの時に着用するトップスの事なので、ノースリーブだったり半袖だったり長袖だったりします。

必要とされる機能は、吸水性と速乾性、通気性、あとは伸縮性です。

トレーニングとは

トレーニングには、訓練や鍛錬といった意味があります。練習するという事です。

つまり、どのスポーツをするかによって最適な体操シャツがあります。身体にフィットしていた方がいいのか、ゆとりがある方がいいのか、また、袖の有無もトレーニングの種類によって変わってきます。 運動の種類に適したものを選びましょう。

トレーニングジムとは

トレーニングジムは、筋肉を鍛える為の機器や道具などが置いてある場所です。屋内型の運動施設になります。 スポーツジムやフィットネスクラブなどとは違い、運動目的というよりは筋肉を鍛えるのが目的です。

スポーツジムとフィットネスクラブ

スポーツジムとフィットネスクラブの違いは、ありません。同じものを示しています。 健康維持や健康づくりの為の運動施設で、専門指導員を有する民営のスポーツクラブの事です。

その施設の中にはさまざまな運動するための機械や道具、設備があります。

室内プールだったり、トレーニングジムだったり、スタジオだったりと、多種多様です。 その目的は、健康の為の運動となります。

トレーニングジムにおける男子体操シャツ

筋肉を鍛える目的で、屋内施設となれば、体操シャツは半袖かノースリーブがいいでしょう。動きやすさ、筋肉の動きを感じられるのが一番ですので、ノースリーブのフィット感があるものがおすすめです。

じっとりと大量の汗をかくので、吸水速乾性の高いものを選びましょう。また、伸縮性も必要となります。 パンツも、丈が短いものかフィット感の高いものがいいでしょう。器械を使うのであれば、邪魔にならない為にも必要な事です。

まとめ

トレーニングジムにおける男子体操シャツは、フィット感が高くて吸水速乾性のあるものがおすすめです。

筋肉を動かすのに大きな動きや小さな動きなど、さまざまな動きをするので、伸縮性も重視してください。